Webサイトのフッターに見かけるCopyright(コピーライト)の表記の仕方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
copyright
スポンサーリンク

Webサイトやブログのフッターには必ずと言っていいほど表記されている「Copyright(コピーライト)」ですが、この意味と表記の仕方をしっかりと理解した上で使っている人は意外と少なかったりすると思うのですがどうでしょうか。
かくいう管理人も「なんとなく」「他のWebサイトで見た表記をマネして」というノリで表記していたのが正直なところです。

Copyrightと著作権

Copyright(コピーライト)とは「著作権」のことです。

著作権というと音楽や映画や本などを思い浮かべるかもしれませんが、当然のごとくWebサイトやブログにも著作権があります。またこの著作権はプロではない素人やアマチュアの方が作った作品にも自動的に発生するものです。

というわけでWebサイトのフッターに書かれている「Copyright(コピーライト)」は著作権を主張するために表記しているわけですが、上記の通り著作権は自動的に発生するものなので、表記しなくてもちゃんと著作権はありますし、「このWebサイトはコピーライトの表記がないから著作権放棄してるんだな」ということにはなりません。

Copyrightの表記の仕方

© 2014 stone:blog

Copyright(コピーライト)の表記にはいろいろなものを見かけると思いますが、シンプルに必要最小限な表記にすると上記のようになります。

最初の「©」はコピーライトマークです。ここの表記は「©」でも「(C)」でもOKです。
次の年号は間違いやすいところですが「公開した年」を表記するのが正解です。最新年(今年)を表記するわけではありません。
そして最後の「stone:blog」が作者や企業名などの著作権者を表記します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。